Fallout好き:主にFallout New Vegas

Fallout好き:主にFallout new Vegas

2013年8月4日日曜日

MODの基盤:クエストのマーカーの使い方。キャンプサーチライトにて。How to use quest target marker.

クエストのマーカーの使い方を覚えたので書く。

クエスト「We Will All Go Together」でのマーカーの使われ方を見て、新たにマーカーを設定しなおしてみる。
なお、相変わらず自己流で理解してるだけなので、勘違いなどあるかも。

■今回は以下の2章で書く。
  1.マーカーの使われ方
  2.マーカーの再設定

■今回はやらないが、白紙から作る時の流れも書いておく

------ 全体の流れ ------
(1) クエスト作成
(2) Quest Stages にIndex 作成
(3) Quest Objectives にも同じ Index を作成
(4) TargetREFにマーカー対象を設定、必要ならconditions(条件)も設定。
(5) このクエストの起動と終了の設定

------ 全体の流れ補足版 ------
(1) クエスト作成(今回は既存のクエストなので作成せず)
(2) Quest Stages にマーカーが付く段階と消える段階の Index 作成(今回は既存)
(3) Quest Objectives にも同じ Index を作成(今回は既存)
(4) TargetREFにマーカー対象を設定、必要ならconditions(条件)も設定。
(5) このクエストの起動と終了の設定する。
     (今回は既存。Start Game Enabled で最初から起動、スクリプトで終了)
-------------------------

■参考に:今回作ったMOD(esp)
https://sites.google.com/site/yomotaxxx/file/YMT_QIv01.esp

=================================================================================
1.マーカーの使われ方

このクエストはCampSerchlight(キャンプサーチライト)において、NCRのAster(アスター軍曹)の依頼で始まり、9体のグールと、元NCRのグールであるEdwards(エドワード)から計10個のドッグタグを回収するというもの。

このクエストでは既にマーカーは設定されているが、ドッグタグを持っているグールはマーカー表示されない。
今回は、ドッグタグを探しやすくするため、ドッグタグを持っている計10体のグールにマーカーを付ける。
まずはクエストを見る。
クエストのゲーム内でのIDは「VMS43」となっている。
ダブルクリック。
「Start Game Enabled」ゲームスタート時から動いている。
「Script Processing Delay」でDefaultにチェック入っているので5秒毎に実行されている。
Quest Stageタブ。
ここではクエストの進行度を設定する。
Indexの数値が進行度。
値は自由に入れられるが、
大体10で始まり、10単位で増やして、100で終わったりする。
ある程度こういうルールで作ると、
「ステージ番号は?10か。ということは始まったばかりだな」とか
「100か。ならばもうクエスト終わってるな」とか
「クエスト追加しよう。20と30の間に追加したいから25にしよう」という感じで、
理解しやすく、クエストの追加がしやすいのだろう。

このクエストも10で始まる。

ここで理解したいのは、このクエは10/20/30/40とクエストの段階(ステージ)がある、
ということだけ。

20。Log Entryに書いてあるが、Asterにドッグタグを持っていく段階。つまり10個のタグが集まっている状態。
30。クエスト完了。Asterに10個のタグを渡した段階。

「Fail Quest」にチェックが入っている。
恐らく、クエストが失敗した場合(Asterが殺された等?)だと思われる。
多分、ここにチェックを入れていると、クエスト表示時に「FAILLED」と表示されるんだろう。
次にQuest Objectivesタブ。
ここでマーカーが出てくる。

上から見ると、Objective Indexは10/20の2つだけ。

これは恐らく、Quest Stagesと連動している。
Quest Stageが10になると、こちらも10の項目が動作する。

で、まずは10の設定を見る。

Quest Objective Dataに2つ Target Refがある。
SerchlightMapMarker
AsterREF
これがマーカー表示される。ここに設定されているとマーカー表示される。AsterREFは クエストを依頼するNPCはで、ドッグタグを持っていく相手なのでマーカーをつけているんだろう。
SearchlightMapMarker はマップマーカーで当然これにもマーカーが付く。

ちなみにこのマップマーカーにマーカーが付くのは多分バグ。

これについては本題とはずれるし、本題の理解には関係無いのでいずれ。
Indexが20。ドッグタグが10個揃った状態でAsterにドッグタグを渡すだけなので、Asterのみにマーカーがつくようになっている。
=================================================================================
2.マーカーの再設定
まず最終的な状態を見る。
結果的にこのようにTargetREFを設定したい。
つまり、マップマーカーを消して、
ドッグタグを持っている10体にマーカーをつける。


マーカーを付けるには、

1.マーカーを付けられるオブジェクトに設定(設定済の場合もある)
2.クエストからマーカー設定
を行う。
まずオブジェクトを設定する。

そのために、マーカーを付ける10体を探す。
9体はNCRのアーマーを着ているグール。
残り1体はEdwards。家の中に居る。

CellでSearchlightを指定してグールが9体のうち1体を上記のように適当に探す。
ダブルクリックすると、
設定が表示されるので、Edit Baseをクリック

グールの設定が表示される。
このグールが9体分Cell上に配置されている。

ちなみに、Inventory に IrradiatedNCRDogTag(irradiate、照射するの意味)がある。
これがクエストで10個集めるドッグタグ。通常のとは別。

IDをコピー
Object WidowのFilterにペーストして、Allを選択。
グールが表示されるので、右クリックしてUse Info 
これで、グールが配置されているCellが全て表示される。
各行のUse count(画像は欠けてるが)が配置している数。
で、各行をダブルクリックで Rendor Windowsに表示される。
Rendor Windowのグールをダブルクリック。
マーカー指定出来るように2つ設定する。
(1) Reference Editor ID
(2) Persistent Reference

この2つを設定する。
Reference Editor IDは、オブジェクトを配置した直後は設定されていない。
スクリプトやオブジェクトから参照する必要がある場合は設定が必要。
このグールのように既に設定してある場合はそのままで良い
(むしろ変えると参照している何かが参照出来なくなり問題が起こる)。
グール1体目の場所がわかり設定(確認)したので、
1体目をマーカー設定する。
クエスト設定画面に戻り、まずマップマーカーの設定を消しておく(今回要らないので)。
TargetREF でマップマーカーの行をクリックし、Delete。
TargetREFで右クリック>New
とりあえず188の何かが設定される。
「Select Reference in Rendor Window」をクリックする。
カーソルが変わるのでRendor Windowのグールをダブルクリック
これで設定される(Cell と Relが変更される)。
TargetREFが変わってないが、反映されている。他の行をクリックすれば見た目にも反映される。

この状態でMODを保存すればマーカーは表示されるようになるが、
ドッグタグをグールから取った後はマーカーが消えたほうが、
回収すべきドッグタグの場所が分かりやすい。

設定は簡単なのでそれを行っておく。
TargetREFでグールをクリックし、
Conditions(条件)で右クリック>New
GetItemCount(所持アイテムを数える)>IrradiatedNCRDogTagを設定する。
どちらもキーボードで入力すると早く設定出来る。

ここで設定した内容は、
指定したグールがクエスト専用のドッグタグを1つ持っている場合だけマーカーを表示する
となる。

もちょっと詳しく書くと、
指定したグール(CSGoulNorth02)が
クエスト専用のドッグタグ(IrradiatedNCRDogTag)を
1つ(Value=1。Comparisonが「==」なので、0個でも、2個以上持ってても条件からはずれる)持っている場合だけマーカーを表示する。

OKを押す。
Conditionsに設定された。
同様に、Use Report から全9体のグールに設定する(Edwardsは後で)。
User Countが2と3となっている行はダブルクリックしたら
最初?のオブジェクトが表示される。つまり2つ目以降の場所はこれでは大まか(多分近く)にしかわからない。
で、1行目2行目は隣に居たからすぐわかったんだけど、
最後の行は・・・
このように近くにグールが1体しかいない。。。
左の2匹(猫背グール)はタグ持ってないグールで関係無い。
残りの2匹は近くに居るだろうってことで、GECK上で眺め回して探した。
そして教会前でやっと2体見つけた。

他のグールはReference Editor IDに方角(North/East/South)が入っていたので、Westだけなかったからそれで検索すれば早くみつけられたかも。
でも、どっちにしても確実じゃない。
いい方法があれば教えて欲しい。
9体のグールは設定したので、最後の1体Edwardsを設定する。
edwardsで検索

配置されたCellを表示

ダブルクリック

Reference Editor ID と Persistent Reference を設定(設定済みなら不要)。

ちなみにEdit Baseを押せば、I
nventory に他のグールと同様に IrradiatedNCRDogTag を持っている。

Edwardsも他の9体と同様にマーカー設定する。
これでマーカー設定完了。

既存のクエと絡めて、詳細に書いたので妙に長くなかったが、結構簡単。


最初に書いた流れを再度記述しておく。

(1) クエスト作成
(2) Quest Stages にIndex 作成
(3) Quest Objectives にも同じ Index を作成
(4) TargetREFにマーカー対象を設定、必要ならconditions(条件)も設定。
(5) このクエストの起動と終了の設定

以上。

0 件のコメント:

コメントを投稿