Fallout好き:主にFallout New Vegas

Fallout好き:主にFallout new Vegas

2013年3月3日日曜日

MODの基盤:Angelicaを喋らせたい。なので音声合成する環境を作る

2013/03/03 初版、2013/08/06 追記

Wnidows7 64bit環境で音声合成させるためのメモ。

もっとも、クリーンな環境からのインストールはしていない。色々試行錯誤して出来た方法をまとめただけなので、この通りにやっても出来ないかもしれない。ま、OSが壊れたりしない限りやり直すつもりなし。
2013/08/06 追記。喋るAngelica(アンジェリカ)はあった。ここに書いてある方法は音声の無いMODで喋らせる参考にはなるかもしれない。

■よもやま話

まず、Windows7ではデフォルトでMicrosoft Annaさんが喋るようになっている。

あまり知られていないかもしれないが、Windows7は音声認識の機能もあるので、音声で操作し、音声で読み上げる機能が初めから入っている。アニメ攻殻機動隊でディスプレイ上に写真が表示され、その上に番号がついたエリア(四角く囲まれている)が表示され、番号を言うと拡大表示される場面がある。写真の一部を拡大するようなことは難しいが、ブラウザ等を起動し、キーワードで検索し、検索結果をクリックし、画面をスクロールすることも出来る。って横道にそれたが、昔に比べればはるかに良くなった未来的音声操作がOSを買うだけで出来るんですよ、ってことが言いたかっただけ。

で、道を戻して、デフォルトではAnnaさんしかしゃべってくれない。これはコントロールパネル→音声認識→音声合成→音声の選択、にAnnaさんしかいないということで確認出来る。ちなみにSoftalk(ゆっくりの声で有名?)にも表示、選択出来る。自分としては色んなNPCを喋らせたいので、Annaさんだけじゃなくてもっと色んな声が欲しい。つまり、さっきの音声選択の所に沢山の声の種類を表示させたい(=Softalkの声の種類も増やしたい)。Angelica以外にも男のNPC等にも声を入れたいわけで。だって会話画面に入ると無音で文字だけ表示されるNPCってやっぱりなんか物足りないから。。。

■音声の種類を増やす手順

1. Microsoft speech Platfrom (v11?) と TTS(TextToSpeech?)のインストール

    前者はそのままプラットフォーム、後者は音声ファイル。音声ファイルは英語日本語以外にも中国語等沢山ある。

    Microsoft Speech Platform 簡単インストーラー Ver.2.2


file:///E:/public/%E9%9F%B3%E5%A3%B0voice_texttospeech/Windwos7%E7%94%A8%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%90%88%E6%88%90_%E5%A3%B0%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E5%A2%97%E5%8A%A0/%E3%81%BE%E3%81%BB%E3%82%8D%E3%81%B0%20%20Microsoft%20Speech%20Platform%20%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%20Ver.2.2.htm

このサイトの「DownloadMssp_22.EXE」を手順どおりにインストールする。「ver11.0」をインストールすること。これだけで両方共インストールされる。必要なら旧バージョンのアンインストールもしてくれる。とても便利。完了したらWindowと音声で知らせてくれるが、終了まで時間はそれなりにかかるので注意。最大日本語と英語に関しては、日本語1種類、英語3種類までの声がインストールされる。素晴らしい。※あらためて書くけど、クリーンな環境からインストールしたわけじゃないので、この他に必要な作業があるかもしれない。

2. 他の声もインストール

    1.の声だけで良いならここの手順は不要。ここではTTS(声の種類)をもっとインストールする。
    Microsoft Speech Platform - Runtime Languages (Version 11)
   http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=27224

   ここの「TTS」とついているファイルの欲しいものを必要なだけダウンロードし、インストールする。
   例えばMSSpeech_TTS_en-US_Helen.msi は en=英語、US=アメリカ、Helenさん。
    参考
        
        言語コード=http://ja.wikipedia.org/wiki/ISO_639
        国名コード=http://ja.wikipedia.org/wiki/ISO_3166-1
3. 他の声を認識させる


    2.のインストールだけだと音声の選択に表示されない。レジストリの登録場所が異なるのが原因。
    なので、現在登録されているレジストリ情報を、必要な所に登録し直す。
    レジストリ(registry)って何?という人はググって勉強をおすすめ。
    わかっている人でも、最悪OS再インストールする覚悟でやること。

    (1) Registryエディタ起動(スタート→regeditと入力)
    (2) 下記場所のように表示
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech Server\v11.0\Voices\Tokensと、その上の「Speech」が展開されている状態。この画面は既に設定済みの画面。
    (3) 上側、Speech→Voices→Tokensの下にあるのがインストールされたもの
          下側、Speech Server→v11.0→Tokensの下にあるのが「音声の選択」で表示対象になるもの。
          つまり、上側に登録されているものを、下側に登録し直す。
    (4) 上側の2. で追加した設定をクリック→右クリック→Export→適当なファイル名で保存。
           →エクスプローラで保存したファイルを右クリック→メモ帳で開く
           →「\Speech\」を「\Speech Server\v11.0\」に置換する→セーブ
例。太字を置換する。
------------------------------------------------------------------------------------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech\Voices\Tokens\TTS_MS_en-US_ZiraPro_11.0]
@="Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (en-US, ZiraPro)"
"409"="Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (en-US, ZiraPro)"
"CLSID"="{a12bdfa1-c3a1-48ea-8e3f-27945e16cf7e}"
"LangDataPath"="C:\\Program Files (x86)\\Common Files\\Microsoft Shared\\Speech\\Tokens\\TTS_MS_en-US_ZiraPro_11.0\\MSTTSLocenUS.dat"
"VoicePath"="C:\\Program Files (x86)\\Common Files\\Microsoft Shared\\Speech\\Tokens\\TTS_MS_en-US_ZiraPro_11.0\\ZiraProT"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech\Voices\Tokens\TTS_MS_en-US_ZiraPro_11.0\Attributes]
@=""
"Age"="Adult"
"AudioFormats"="18"
"Gender"="Female"
"Language"="409"
"Name"="Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (en-US, ZiraPro)"
"Vendor"="Microsoft"
"Version"="11.0"
--------------------------------------------------------------------    
    (5) 保存したファイルをダブルクリックで実行。これでレジストリに登録される。
        regeditのWindowにポコッと追加されたはず。されてなかったら、regeditを再起動して再度確認。それでも増えていないなら、さっき置換した箇所・内容などが間違っている可能性があるので修正。(4)、(5)を追加インストールしたTTS全てに対して行う。

        なお、(3)の上側に登録されている設定は自分は消していない。どんな影響あるかわからないから。

以上の手順で、コンパネからたどっていった「音声の選択」と、Softalkから選べる声の種類が増えているはず。

■音声のピッチを変更する手順

こっからはざくっと書く。だるくなったので。
先の手順で音声種類は増えた。が、基本的に成人女性の声しかないようだ。Angelicaには合わない。よって、Softalkで好きな英語・日本語の台詞を喋らせて、wavファイルで保存した後に音程を変更することで対処する。

(1) 「Softalk」をインストール。適当に録音用の設定を行う。
(2) 「聞々ハヤえもん」をインストール。他にも同様のソフトはあるようなのでどれでも良い。
(3) Softalk起動→英語の声の種類を適当に選ぶ→喋らせたい文章をコピペ→再生して再生スピード等を適当に調整する→録音する→wavファイルで出力される。
(4) 「聞々ハヤえもん」を起動。(3)のwavファイルを読み込ませ、再生し音程を良さそうな少女声になるように上げる→良さそうならセーブする→wavファイルで出力される。

以上の手順で試しに作ったのがこれ。

これでいつかAngelica等に声を当てたい。

以上。

0 件のコメント:

コメントを投稿